グロースファクター

グロースファクター

グロースファクター(成長因子)とは特定の細胞の成長と増殖を促すタンパク質の総称で、細胞増殖因子とも呼ばれています。
骨や筋肉、血液、皮膚など人体のすべては成長ホルモンの細胞増殖促進作用によって成長しています。

当クリニックで扱うグロースファクター

TLCクリニックのオリジナルグロースファクター

当クリニックでは幹細胞上清液に含まれるグロースファクター(成長因子)を使用しています。
幹細胞を培養したあとの培養上清液には何百種類ものグロースファクターが含まれており、それらは抗酸化作用や創傷治癒効果、シワ改善防止効果などのアンチエイジングや毛髪再生に有効とされています。

発毛効果を発揮する
グロースファクター
発毛とグロースファクターのはたらき
FGF-1

FGF-1(繊維芽細胞増殖因子1)はFGFファミリー23種類のナンバー1で、aFGAともいいます。
名前のとおり繊維芽細胞の再生と増殖を促します
薄毛治療においてはこの血管新生作用と繊維芽細胞の増殖による頭皮の素地改善が期待されます。

FGF-2

FGF-2(繊維芽細胞増殖因子2)はFGFファミリー23種類のナンバー2で、FGF-1と同様に繊維芽細胞の再生と増殖を促しますが、FGF-1と比べより強力に繊維芽細胞の増殖を促します。
日本脈管学会ではFGF-2による血管新生の臨床試験が行われており、ベースライン(基準)の5倍ほどの血管数の増加が確認されています。

VEGF

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)はFGF1、FGF2と同様に血管新生に関わりを持っています。
毛細血管が新生され真皮層の血流が改善されることによって毛乳頭へ栄養を届け、さらに毛乳頭から毛母細胞へ流れることで発毛を助け、毛髪を育む素地環境を改善します。

FGF-7

FGF-7は別名KGFともいわれ角化細胞増殖因子、角質細胞増殖因子、ケラチノサイト増殖因子と訳されています。
FGF-7は成長因子の中でも最も毛髪に直接的に働きかける成長因子で、毛乳頭細胞から産生されたFGF-7が毛母細胞に作用し、毛母細胞の増殖と分裂を促すことで髪を成長させるとされています。
FGF-7は試験管内では発毛促進が確認されていましたが、試薬が高額なため臨床試験の実施はされませんでした。
しかし日本EGF協会によって”貴重な臨床試験”が行われ、改めてFGF-7による優れた発毛促進効果が認められました。

IGF-1

IGF-1(インスリン様成長因子1)は成長ホルモンによって主に肝臓で産生される成長因子です。
身体の様々な細胞の成長を促す事で知られています。
毛髪においては毛母細胞の分裂を促す事による発毛効果が期待されます。

PDGF

PDGFは血小板由来増殖因子の略で血小板の基となる巨核球という細胞から主に産生されることで、この名称が付けられました。現在では血小板だけではなく、上皮細胞や脂肪前駆細胞など様々な細胞から産生されていることが分かっています。
毛髪においては、毛乳頭のPDGF受容体と結合することによって休止期にある毛髪を成長期へと促すことで発毛させます。

グロースファクター
導入、注入方法

当クリニックでは患者さまのご要望や症状に合わせてグロースファクターを頭皮へ効率的に浸透させるために、複数の方法をご用意しております。

水光注射による注入

水光注射

従来の手打ちによる複数箇所への注入では時間が掛かるうえ注入量や注入速度を均一にすることが困難で、それによって術後の痛みや注入箇所が凸凹になったり内出血が長引いたりといった欠点がありましたが、これらの問題をクリアしたのが水光注射です。
水光注射は一度に複数の注射を無駄なく均一に更にスピーディー行う事ができるので施術時と術後の負担を大幅に軽減し、更に安定した治療効果を可能にしました。
当クリニックで使用するVital Injector(ヴィタールインジェクター)は1ショットで5針による注入が可能です。皮膚を吸引しながら注射する機能は精確さだけでなく注入時の痛みも緩和します。

近赤外線による導入

近赤外線による導入

近赤外線とは普段目で見える光よりも少しだけ波長が短いも830nm という波長を出しています。この波長が皮膚に当たると体内の微細な血管を拡張し、血流が改善されます。薄毛のかたの多くは頭皮の血流が悪くなっています。その血流が良くなることでグロースファクター(成長因子)毛母細胞に届きやすくなります。
また当クリニックで使用するBeamOnは音響振動によって細胞そのものへ影響をあたえる機能があります。
薄毛の方の中には帽子・ヘルメットによる圧迫などで頭皮の細胞にダメージが蓄積されて頭皮が硬くなっているケースがあります。音響振動はそのダメージを改善するための効果を発揮します。また、音響振動による細胞への影響は細胞膜がゆらぐことが認められています。それによって薬剤を直接弱った細胞へ届けることが可能になっています。