フィナステリド

フィナステリド

フィナステリドは元々はプロスカーという名でアメリカのメルク社によって1992年に開発、そして認可された前立腺肥大の治療薬でした。
その後、発毛や毛髪成長といった作用が報告され、あらゆる研究を経て1997年アメリカFDAで男性型脱毛症の治療薬として認可されました。日本では2005年に厚生労働省に承認されています。

AGAの原因
DHTジヒドロテストステロン

AGA(男性型脱毛症)はDHT(ジヒドロテストステロン)という活性型の男性ホルモンによって引き起こされます。

DHTによって短くなるヘアサイクル

DHTはテストステロンよりも強力な男性ホルモン作用を持ち、胎生期では男性器の形成、思春期では成長に欠かせない性ホルモンです。しかし同時にヘアサイクルを短縮させ、脱毛を促す作用を持っています。

また、テストステロンの分泌のピークは第二次成長期から25〜30歳頃までとされ、それ以降は徐々に減少していきますが、DHTはその減少したテストステロンを補うかたちで増加していきます。
加齢によってAGAが進行するにはこのためです。

DHTを生み出す
5αリダクターゼ

DHTは血液の中のテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素と結びつくことで発生します。
5αリダクターゼには1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの2種類があり、1型5αリダクターゼは全身の皮脂腺に存在し、2型5αリダクターゼは頭皮の毛乳頭や前立腺など限られた場所に存在しています。

DHTを生み出す5αリダクターゼ

2型5αリダクターゼを
抑制するフィナステリド

フィナステリドは2型5αリダクターゼの働きを妨害することでテストステロンがDHTに変換されるのを抑制して脱毛を防ぎます。

AGAガイドラインの評価

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインではフィナステリドの評価は最高のAです。
ガイドラインに紹介されている国内の臨床試験では軽度改善以上の効果が58%みられ、不変以上の効果は98%とされています。
不変以上の効果とは、変化しなかった症例も含まれていますが、AGAの薄毛症状は通常進行していきますので、不変であっても薬剤が有効に働いたと評価されています。

また別の801名の日本人男性を対象にした5年間の観察研究では、フィナステリド(1mg/日)の内服を継続してもらった結果、写真評価において効果が99.4%の症例で得られたとされています。とくに40歳未満または重症度の低い症例で顕著な効果があったとの事です。

このようなフィナステリドの実績がガイドラインの高評価の根拠となります。

上記グラフは20〜50歳の男性型脱毛症患者917例に対し、デュタステリド(ザガーロ)0.1mg、0.5mg、フィナステリド1mgとプラセボを1日1回24週間に渡って投与した試験結果を表したものです。
このグラフによると、フィナステリド1mgに対してデュタステリド0.1mgは同等かそれ以上の変化がみられたとされ、さらにフィナステリド1mgの半分量であるデュタステリド0.5mgの投与では明らかにデュタステリドの方が変化していることが分かります。

副作用について

デュタステリドの副作用はフィナステリドと同様、主に性欲減退、勃起障害(ED)などの生殖関連の副作用です。
デュタステリドやフィナステリドといった5αリダクターゼ阻害薬は服用を止めると効果も無くなってしまうため、通常は薄毛が気にならない年齢までか、生涯に渡って服用を続けます。
したがって副作用については服用を続けてる間は常に注意が必要です。

またデュタステリドは黄疸をともなう肝機能生涯が発表されており、重大な副作用として現在では認識されています。